ラベル管理画面のユーザインターフェースを改修しました

概要

「ラベル管理」画面のユーザインターフェースを改修しました。
各種設定のユーザビリティが煩雑で分かりにくいとのご指摘を数多くいただいておりましたゆえ、
作成と編集をモーダル画面で行うように改修を行いました。
モーダル画面からのシンプルな操作で分類カテゴリと分類ラベルを設定できるなっております。

分類カテゴリ・分類ラベルの作成と編集方法

下図にある通り、「分類ラベルカテゴリ作成」ボタンをクリックするとモーダル画面に遷移いたします。

下図にある通り、「分類ラベルカテゴリ名」を入力してください。

下図にある通り、「分類ラベル名」を入力し「+」ボタンをクリックする事で分類ラベル追加されていきます。

作成が完了したら「作成」ボタンをクリックしてください。

続けて分類カテゴリと分類ラベルを作成する場合は、下図にある通り「続けて作成」ボタンをクリックしてください。

作成後に「編集」をする場合は編集ボタンをクリックし、モーダル画面へ遷移する事で任意のカテゴリ名、任意のラベル名に変更することができます。

分類カテゴリの削除

削除できる条件

分類カテゴリを削除するには、内部の分類ラベルを全て削除する必要があります。
分類ラベルがあるときは削除できません。

削除の方法

削除したい分類カテゴリの行の削除ボタンをクリックしてください。

分類ラベルの削除

削除の方法

編集ボタンをクリックし、モーダル画面へ遷移後に削除したい分類ラベルの行の削除ボタンをクリックしてください。

ファイル一覧の機能を向上しました

概要

ファイル一覧の機能を向上しました。
これによって古い添付ファイルを一括で削除したい時にご利用しやすくなります。

改善点は以下の4つです。

  • 期間検索ができるようになりました
  • サムネビュー登録したデータを削除対象から除くことができるようになりました(サムネビューオプションご契約している場合のみ)
  • 全体のストレージ使用容量のうち、該当の案件でどれだけ使用しているかが分かるようになりました

詳細

工程タイプが並び替え可能になりました

概要

工程タイプ一覧の機能を向上しました。
これによって制作物作成時の工程の並び順を指定することができます。

詳細

工程タイプ一覧画面で「工程タイプの並び替え」、「工程タイプ名変更」、「工程タイプの削除」が可能です。

「工程タイプの並び替え」を行うことで、制作物作成時に並び順通りに工程が作成されます。

※ 並び順は新規作成された制作物の工程のみに適応されます。既存の制作物には適応されません。

 

機能改修:「ユーザー一覧」が使いやすくなりました

概要

ユーザー一覧の機能を向上しました。
これによって以下のようなシーンでご利用しやすくなります。

  • アカウントを整理したい
  • 招待したが登録されていないムダなアカウントを探したい
  • 長期間ログインしていないアカウントがどの案件に所属しているのか探したい
  • 利用しているユーザー数を案件別に算出したい

改善点は以下の4つです。

  • キーワード検索機能による絞り込みを実装しました
  • ユーザー一覧をエクセルへエクスポートできるようになりました
  • 見出しの情報でソートや絞り込みができるようになりました
  • Save Pointへの最終アクセス日が表示されるようになりました

詳細

 

仕様変更:一部の画面で通知のバッジ数が表示されなくなります

概要

これまで通知バッジに表示されていた「数」が表示されなくなり、「赤丸バッジのみ」の表示になります。
該当箇所は下記となります。

  1. ナビゲーションバー
  2. 通知画面
  3. スペース一覧

  4. ブラウザのタブタイトル

  5. テーブルビューの制作物

  6. グローバルサイドメニューの案件掲示板

詳細

下記についてはこれまでと同様、数字が表示されます。

  • 各チームとの案件掲示板
  • スレッドビュー
  • テーブルビュー内の工程
  • 工程掲示板内の同一制作物内の別工程

機能改修:画像拡縮+スマホ枠表示機能で横画面表示に対応しました

概要

画像拡縮+スマホ枠表示機能の機能を向上しました。
改善点は以下の5つです。

  • 縦向きモックアップに加え、「横向きモックアップ」にも対応
  • スマホ枠のモックアップをより実機に近いものへ変更
  • iPhone 5と6サイズに加え、8Plus、Xサイズにも対応
  • 一度選択した枠をブラウザ側で記憶するように変更
  • その他UIの改善

詳細

  • 大きな操作変更はありません。 基本的な操作はこちらをご参照ください。
  • セレクトボックスから各画面サイズの縦と横を選択することができます。

機能改修:画面上部にある「制作物を探す…」が使いやすくなりました

概要

ナビゲーションバーに表示されていた「制作物を探す…」の操作性を向上しました。
改善点は以下の4つです。

  • 検索結果の表示レイアウトを拡大し、制作物名と工程の可読性を向上
  • 検索結果をCtrl(or Command)+クリックで別タブで開けるように
  • ラベル検索は利用頻度が著しく少ないため削除しました
  • 案件検索は案件切り替えのプルダウン内に検索フォームがあるのでそちらに統合し、こちらからは削除しました

詳細

仕様変更:スレッドビューの投稿数の初期表示数を3投稿とし、「もっと見る」ボタンを実装しました

概要

  • スレッドビューにおける各工程ごとの投稿数の初期表示数を3としました
  • 4投稿目以降を表示するために「もっと見る」ボタンを実装しました

詳細

  • 縦表示、横表示ともに初期表示数が3投稿となります。
  • 「もっと見る」ボタンを押すとさらに3投稿が表示されます。
  • 3投稿以下の場合は「もっと見る」ボタンは表示されません。
  • 「もっと見る」ボタンを押して表示された投稿は画面をリロードすると再度非表示になります。

事前お知らせ:1月24日マーク機能廃止について

概要

マーク機能につきまして1月24日予定のリリースにて廃止いたします。

  • 利用頻度が極めて少ない(全ユーザー様内で3ヶ月で3回)
  • 同様の機能を分類ラベルを通じて利用するユーザー様の方が多い

詳細

  • 1月24日のリリース以降、マーク機能が画面に表示されなくなり、利用できなくなります
  • 同様にマーク機能の検索も利用できなくなります。
  • 既存の制作物、工程への影響はございません。
  • マーク機能で管理していた進行中の制作物については分類ラベルなどで管理するよう、代替手段を講じていただけますようよろしくお願いいたします。

引き続きお役に立てる機能開発に努めてまいります。
今後ともSave Pointをよろしくお願いいたします。

仕様変更:見たよ!や投稿があっても、投稿や工程、制作物を削除できるようになりました

概要

「不要な制作物などがあると紛らわしい」というユーザーの声をたくさんいただき、
削除まわりの仕様を変更しました。

  • 見たよ!があっても、投稿が削除できるようになりました
  • 投稿があっても、工程が削除できるようになりました
  • 投稿された工程があっても、制作物が削除できるようになりました

詳細

  • 見たよ!があっても、投稿が削除できるようになりました

  • Excelによる一括インポートでも可能です
  • 削除された制作物にアサインされているユーザーに削除された通知は飛びません。
  • 削除された投稿、工程、制作物は復元できません。
    誤って進行中の制作物を削除しないよう、お気をつけください。